家族葬とはこれまでの規模の大きな葬儀ではなく、家族や近親者だけで執り行う葬儀のことを指しています。
一般的に考えれば、弔問客が来ないため、その対応に追われることもなく家族の負担の減少が期待されます。
家族葬では参加者が少ないため、広い部屋を確保する必要がありません。
そのための費用も抑えられると考えられます。
ただ、現実的には家族葬に対する誤解も少なくありません。
一般の葬儀では会葬者からの香典を受け取るため実質的な費用負担はそこまで大きくありませんが、家族葬では香典がないため、逆に費用が高くなってしまう例もあります。
家族葬は日本中で行われるようになってきましたが、その認識に誤解があるため、後でトラブルとなるケースもあります。
狭い部屋に多くの弔問客が訪れたり、連絡を受けなかったためにお別れができなかったと言ったりする人も出てきます。
お互いの認識のずれによって起こる問題です。
家族葬が一般的な言葉として認知されているのですが、その実態の認識がずれているのです。
故人の社会的な立場を考えると、家族葬だけで済ませられるのかと言う問題もあります。
愛する人を亡くしたばかりの家族にその判断を委ねることは非常に難しいでしょう。
これからは葬儀の進め方について社会全体へ知識を広めていくことが重要となります。
残念ながら、葬儀社は自社の利益だけを考えており、トラブルや費用の増加は家族に負担させる方向になっています。
あなたも親の葬儀のことを考えておきましょう。

家族葬とはどういうものですか?

親が亡くなったら葬儀を行わなければなりません。
当然ながら、葬儀場に相談することになるでしょう。
そこで家族葬をするかどうか聞かれます。
家族葬とは何か、どのようなメリット、デメリットがあるのかの説明を受けるのです。
このような説明をする理由は家族葬と言う言葉の意味が社会全体で共通になっていないからです。
家族葬とはその名の通り、家族だけで葬儀を執り行うことであり、家族や近親者以外は弔問を遠慮してもらうことです。
少人数ですから葬儀場も狭いところでよく、弔問客の対応も必要ありません。
当然、葬儀費用も安くなるはずです。
日程や時間の都合もつけやすくなります。
家族葬と誤解されやすいのが密葬です。
密葬は葬儀の後に本葬を行います。
本葬は弔問客に来てもらう流れです。
葬祭場の宣伝やパンフレットを見ると、家族葬は安い費用で済ますことができると書かれています。
しかし、現実には場所が限定されていることや葬儀の流れには違いがないことから、必要な費用はほとんど変わりません。
弔問客からの香典がない分だけ家族の負担は増えます。
実質的な葬儀費用は高くなることも多いのです。
これらのことを事前に理解しておくことは難しいでしょう。
葬儀のことは家族がなくなるまで考えないようにしているからです。
これからの時代は葬儀についてある程度の知識を持つことが必要です。
葬儀の準備をすると言うことではなく、家族葬と一般葬の違いを理解しておくと言うことです。

家族葬の費用について

葬祭場の宣伝を見ていると、一般曹よりも家族葬の方が安い費用で済むと書かれています。
最近は多くの弔問客の相手をするのが大変だと考える人が多くなり家族葬を選ぶようです。
しかし、葬祭場にとってはどの会場を使っても費用の発生は同じですし、祭壇などもあらかじめ作られたものを設置するだけです。
極端な費用削減効果は見込めないでしょう。
それでも家族葬をしたいと考えるのは、定年で退職してからかなりの年月が経っており、会社関係の人との付き合いが疎遠になっていることや、家族も高齢で弔問客の対応ができないからでしょう。
さて、具体的な家族葬の費用を紹介しましょう。
実際に葬儀が必要になる日を予想することは現実的ではありませんが、一般的な知識として知っておくことは重要でしょう。
精神的に大きなショックを受けている状況で葬祭場との打ち合わせなど冷静な判断はできません。
もちろん、葬祭場によって費用には違いがありますが、その場で価格交渉などできないと思っている人が多いため、葬祭場が提示する価格が実際の費用となります。
100名程度の弔問客がある一般葬の場合で120万円前後です。
これに対して、家族葬は約半額の60万円前後となっています。
ただ、スペースが狭い分だけ弔問客が少ないと予想しており、そこに多くの弔問客が来ると立ち席になってしまうのです。
家族にとっては高齢の親に過ぎないかもしれませんが、故人を知る人との意識のずれがあるのです。
日頃からパンフレットなどで費用を調べておくことが重要です。

費用別の葬式プランについて

多くの葬祭場ではいろいろなプランが準備されています。
故人の生前の社会的地位や家族の職業などで葬儀のやり方が異なってきます。
少数の家族、親族だけで葬儀を行いたいと考える人たちが家族葬を行うことになるのです。
葬儀のやり方は日本中で同じではなく、宗教や仏教の宗派によっても少しずつ異なります。
ただ、重病の家族がいるなら事前に葬儀について調べておくことをおすすめします。
もちろん、早く亡くなってほしいと思っているわけではありませんが、亡くなってからいろいろなことを調べる気持ちにはなりません。
また、残された家族や知人にとって有意義な葬儀になるように葬祭場もプランを設定しています。
具体的なプランは葬祭場と打ち合わせによって決まりますが、一般的な家族葬を紹介します。
また、家族葬とは別に本葬の前日に通夜を行うことが普通ですが、通夜を行わない1日葬もあります。
もちろん、その分だけ費用を抑えることができますが、故人の葬儀に参列したかった人への連絡が間に合わないケースが多いでしょう。
家族葬の一般的なプランは通夜と本葬です。
葬儀の流れでは一般葬との違いはありませんが、多くの弔問客は来ないと予想されないなら家族葬でいいでしょう。
会社や友人などには連絡をしなければ、近親者だけで葬儀を執り行うことができます。
葬儀が故人を取り巻く社会全体の催しと見るか、家族だけの催しと見るかによってどちらを選ぶか考えればいいでしょう。
社会的地位がある人の場合は、後日お別れの会を開くプランもあります。

家族葬の良い点とは?

最近の葬儀の形として多くなってきた家族葬ですが、具体的にどのような流れになっているのでしょうか。
実は家族葬は一般葬とほとんど変わりません。
違いはたくさんの弔問客を想定するかどうかと言う点です。
家族葬の場合は故人や家族が関係する人への連絡をしない葬儀です。
つまり、家族とごく限られた人だけが出席します。
故人がなくなった悲しみの中で弔問客に十分な対応ができないため、弔問を遠慮してもらう意味があります。
日本の風習としては、遺体安置、通夜、告別式、火葬、初七日の流れです。
通夜と告別式にそれぞれ1日をかけますから、最低でも2日間は確保しなければなりません。
初七日の法要を告別式の当日に行うメリットは、家族が遠くに住んでいて、1週間後に集まることが難しい現代人を考慮した流れです。
家族ですから告別式には当然出席するとしても、その1週間後にまた集まることは仕事の都合もありますから大変でしょう。
そこで告別式の後に初七日の法要をまとめて行うのです。
家族葬では告別式に参加する人数も限定されていますから、日程の都合がつきやすこともあるでしょう。
ただ、会社で重要な地位にあった人の場合は、告別式に多くの社員が参加することが予想されます。
その対応策として家族葬の翌週などにお別れの会を開くことが多いのです。
お別れの会はと言う呼び方は地域や葬祭場で異なっていますから、注意しましょう。
いずれにしても、親戚が多く何度も葬儀に出席したことがある人はわかっていることばかりです。