あなたがどうかわかりませんが、生前に自分の葬儀について意思を明確にしている人が多くなりました。
内容としては流す音楽や遺影などを指定するケースがほとんどです。
ただ、家族葬と散骨を希望する人もいます。
家族葬は一般の会葬者に来てもらうのではなく、家族や近親者だけで葬儀を行います。
したがって、会社や仕事関係の人が来ることはありません。
その分だけ受け取る香典が少なくなりますから、葬祭場に支払わなければならない費用は増える可能性があります。
いずれにしても、故人の遺志が最優先となります。
家族葬を希望していたのであれば、その希望を叶えるべきでしょう。
散骨も特定のお寺の檀家であればありえないでしょうが、家族のための墓がなければ、それで十分だと思うのです。
家族葬であってもいろいろな考えの人がいます。
残念ながら、すべての人が故人の遺志通りで納得できるわけではありません。
自分の立場があるからです。
人が一人亡くなることはいろいろな人に影響を与えます。
無宗教葬や散骨など、通常とは違った方法で死を悼む場合には大きな影響となります。
自分が生きてきた世界とは別の次元の話になるのでしょう。
これは日本だけではなく世界中で同じような意見の食い違いがあります。
人に心があり、死が人の終わりである限り、それが終わることはありません。
日本の場合は仏教が大勢を占めていますから、お寺の檀家になることが多いのです。
現代日本において、まだ散骨は少数派に過ぎません。