家族が亡くなったら、葬祭場を決めて葬儀の依頼をしなければなりません。
その際には一般葬にするか家族葬にするか聞かれることでしょう。
また、会葬者が何名くらいかも重要なことです。
葬祭場には複数の会場がありますが、それぞれの広さが違いますから、どこを割り当てるかを判断しなければならないからです。
家族葬は家族と近親者だけの参加ですから、人数としては少なくなります。
一般の会葬者が多いと想定される場合には、後日お別れの会を開くことになるでしょう。
どのようなプランにするかは葬祭場のスタッフと細かく打ち合わせをしなければなりません。
ただ、その時間にはあまり余裕がない点が問題となります。
誰でもわかっていることですが、いつ家族葬をすることになるかを予想することはできません。
気が動転してしまって、葬儀の依頼をする余裕さえないかもしれません。
ほとんどの人は死と隣り合わせでありながら、普段は意識することもないでしょう。
他人の葬儀の時に、そのことを改めて実感するのです。
葬祭場ではいろいろなプランを提供しており、進行も時代とともに変わっていきます。
家族葬と一般葬のどちらを選ぶかと言う単純なことではありません。
ただ、葬儀は一時的なことであり、実際に故人の死を受け入れるまでには長い時間がかかることでしょう。
あなたの家族は元気でしょうか。
今、家族で過ごすことができることを幸せだと感じる余裕を持ちましょう。
明日は誰にもわかりません。