日本の葬儀で家族葬が多くなってきましたが、まだまだ限られているようです。
もちろん、企業のトップや多くの人との付き合いがあった人の場合、家族葬をすることが難しいことでしょう。
それでも家族葬をして、その後に偲ぶ会などを開くプランがあります。
ただ、日本国内でもそれぞれの地域で葬儀に対する考え方が違いますし、故人の年齢によっても異なるでしょう。
そのため家族葬で十分かどうかは家族でしっかりと話し合いをしておかなければなりません。
家族と近親者だけであれば、小規模な葬祭場でも十分です。
インターネットで葬祭場の情報をチェックしてみましょう。
一般葬、家族葬、1日葬などいろいろなプランが掲示されています。
その中のどれを選ぶかは、あらかじめ本人が決めておくべきなのかもしれません。
最近はそのように自分の最期を演出する人が増えてきました。
情報が簡単に得られるため、わざわざ葬祭場に出向く必要もありません。
また、どのような家族葬が多くなっているのかも調べられます。
自分の親が亡くなったら、その悲しみで葬祭場との打ち合わせなどできないかもしれません。
そのために事前の準備が必要となります。
高齢化が進んでおり日本人は長生きをするようになりました。
いつ、葬儀をしなければならないかわかりませんから、早めに計画しておきましょう。
もちろん、その通りに家族葬ができるかどうかは遺族の判断ですが、少なくとも故人の遺志は尊重されますから、できるだけ具体的な流れを書いておくことが大切です。