葬祭場の用事はいきなりやってくるでしょう。
どのような葬儀をするのか、あらかじめ決めている人はほとんどいないからです。
ところで、一般葬と家族葬では家族の負担が大きく異なります。
そのため、生前に家族葬を希望する人が多くなっています。
自分がいつ死んでしまうかがわかる人はいませんから、事前の準備が重要となるのです。
ただ、それを実践している人はまだまだごくわずかでしょう。
家族葬は家族と一部の親戚だけで行いますが、式の流れは通常と変わりません。
費用が安くなるのは祭壇と会場のサイズ違いだけです。
どのような形であれ、自分の家族が亡くなって悲しくない人はいません。
一般の葬儀では悲しむ余裕もなく、式が流れて行くことが多かったはずです。
それが嫌だと思う人が家族葬を希望するようになるのでしょう。
これまでも多くの人の葬儀に参加した人でも、自分が遺族になるのはそれほど多くありませんし、そのための準備をしっかりとわかっているわけではないでしょう。
ましてや、親や子どもの死であれば、心構えもできていません。
その状況で葬祭場との打ち合わせをするのですから、場当たり的な葬儀になってしまいます。
もちろん、葬祭場のスタッフは慣れていますから、そのような気持ちに配慮しながらもやるべきことをきちんと押さえてくれるでしょう。
ただ、家族葬か一般葬かは明確にしておかなければなりません。
必要となる費用や弔問客から受け取る香典の額が大きく異なるからです。