自分や家族が亡くなった時にどのような葬儀をするか考えている人はそれほど多くありませんが、最近は家族葬が増えてきました。
家族葬では家族と近親者だけが葬儀に参列しますから、比較的狭い会場でも十分です。
ただ、故人にお世話になった人や親しくしていた人は家族葬であっても参列したいと考えるのです。
一般的には家族葬は必要最小限の人だけに連絡します。
連絡を受けなかったことで、葬儀に参列できなかったことを悔やむ人もいるでしょう。
葬儀が終わった後で位牌にお参りをする人もいます。
そのような人への対応は誠意を持って確実に行なわなければなりません。
家族葬ですべてが終わってしまうと考えてはいけないのです。
人が亡くなることはいろいろな人に影響を与えますが、その程度は関係の度合いによって大きな違いがあります。
家族葬の流れや費用は葬祭場のパンフレットやインターネットの情報を見れば十分な知識を得ることができます。
ただ、すべての人が家族葬を理解しているわけではありませんから、周りの人を不愉快にさせないように注意しなければなりません。
家族葬と言ってもいろいろなやり方があり、自分たちだけの家族葬を考えることになります。
いつ誰が亡くなるかはわかりませんから、事前に準備しておくことは大切です。
今からでも早すぎることはありません。
たくさんの情報を検索してください。
ただ、それは時代とともに変わっていきます。
10年後には別のプランが主流となっている可能性もあります。