故人とどのような形で別れを告げるかは人それぞれです。
ただ、葬儀は家族だけのものではありません。
多くの関係者が会葬に訪れる葬儀では故人がこれまで生きてきて関係した人が来てくれるはずです。
その多くの人は家族が知らない人ですから、お礼を述べるだけになってしまいます。
家族葬は知らない人への対応を減らすための仕組みです。
重要なことは故人がどのような葬儀を希望していたかと言うことですが、亡くなってしまえば確認することはできません。
自分たちの悲しみと故人へのお別れのための静かな時間を持ちたいと思うなら家族葬がいいでしょう。
家族葬とは別に偲ぶ会やお別れの会といった表現で一般会葬者にお別れの時間を準備することは可能です。
ただ、一般の人がそこまでやることはほとんどありませんから、実質的には家族葬だけで終わります。
葬儀に対する考え方は住んでいる地域や時代によって大きく異なります。
どれが正しいと言うわけではなく、認識の違いがあることだけは理解しておかなければなりません。
現代の家族葬については人によって違ったイメージを持っていることが少なくありません。
葬祭場で相談すれば、詳しいことを説明してくれるでしょう。
ただ、家族葬は会葬者が少なく、小さない会場で行うため費用を抑えることができると思っている人が少なくありません。
故人を偲ぶための時間は限られており、その時をどのように過ごすかは家族にとって重要なことでしょう。
家族葬についてしっかり考えておかなければなりません。