最近注目されるようになってきた家族葬ですが、その具体的な流れやメリットについて考えてみましょう。
まず、一般葬と家族葬の違いは、弔問客を制限するかどうかです。
家族葬では参加者は家族と親族が大半ですから、人数としては少なくなります。
火葬場へも一緒に行くことでしょう。
ただ、そのやり方が注目されているわけではなく、一般葬にするほどの人数が集まらないと判断することで家族葬と言う選択肢があることを知るのです。
もちろん、最近では葬祭場の宣伝をインターネットなどで見ることができるようになりました。
自分が死んだ時にどのような葬儀をしてもらうかを考えるきっかけとなります。
日頃から葬儀について考えることが重要ですが、家族で話し合ってみてはどうでしょうか。
今は元気でもいつ病気になったり、事故に遭ったりするかわかりません。
その時になってあわてて判断するのではなく事前の準備が必要です。
葬儀の進め方は正しい方法が決まっているわけではなく、その時代と家族が決めることでしょう。
家族葬だけではなく通夜も行わない1日葬なども希望する人もいます。
故人の家族は間違いなく参加しますが、それ以外の人は葬儀の流れに合わせて対応することになります。
故人とどのような関係であったのかにより、偲ぶ気持ちに差があることでしょう。
それでも葬儀の期間は限られており、ゆっくりと考える余裕はありません。
人は常に死と隣り合わせでいることを認識しておかなければなりません。